あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

Voyage

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  masa#ws0608  (2007/10/10 02:16)

5年前の10月、トップ1にランクインされてたんですね〜。この次の年の3月頃だったかな〜、何かの集まりの場で知人が自分の隣に座ってカラオケで歌ったのを思い出しました。それが初めて聴いた瞬間でした。レコード大賞取りましたよね!
幸せな気持ちを歌った曲なんだ、と感じました。

NO.2  るみ  (2007/12/19 12:04)

オルゴール、ピアノ、バイオリンによる柔らかなイントロから、あゆの歌声で一気に幕が上がる。Dearestと共に「幸せの絶頂に在る曲」。Voyageは結婚式の入場曲にも似合いますね♪ あゆの心情というよりは、ファンの為というイメージが有ります。代わりにPVに思いを込めた。VoyageのPVは、「月に沈む」というタイトルの長編作品になっています。あゆは、「行定監督の作品」と言いますが、監督から見たあゆの心情だと思います。 あゆは前世の悪夢に唸され、精神病院で前世療法を受けている。その元凶は、前世で引き裂かれた無念。おそらく卑弥呼の時代、月を信仰していた女王が災いを鎮める為に、あゆを生け贄として月の映える湖に水葬しようとする。伊勢谷演じる侍があゆを守ろうとするが殺され、あゆは共になれると思ったのか、安らかに湖に沈んで行く…。結局天国など無くその未練が悪夢となっていたが、伊勢谷を直感で見抜き、最後湖で抱き合う事で、あゆは初めて安らぎを覚える…。行定監督は、あゆと深い話の出来る関係なのかなと思いました。

NO.3  るみ  (2008/09/15 00:28)

血の涙を流しているので、沈んで行く時は恨みつらみがあった様です。
それと、台詞の一つまで行定監督の考えだそうです。

NO.4  かず  (2013/02/27 09:55)

私は精神病院に入院歴があり、この曲pvの浜崎あゆみのように閉鎖部屋に入っていました。そのことを彼女にファンレターで書いたらあたかも自分のことのように映画になっていました。読んでくれて映画の題材になっていたのならうれしいです。

NO.5  Solyn  (2017/05/30 21:42)

This is the perfect way to break down this inroomatifn.

削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい