あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

Memorial address

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  masa#ws0608  (2007/03/10 09:37)

今度、ミュージックステーションで歌うことを知りました。初めて聴いたのは2004ツアーのdvdでした。すごくインパクトのあるステージで、あとで歌詞を読むことが出来てその強烈な内容が心に強く残った歌です。

NO.2  るみ  (2007/11/18 22:00)

Memorial address=追憶の辞。 今手元に無いので、記憶が曖昧ですが、アルバムのブックレットは無表情な顔をしたayuばかり。悲しみを封印して能面の様になっている。その悲しみはおそらく2003年の夏の始まりに起こった何か。(空が泣き続けたのはこの年だと思う)。「悲しみは幕を閉じ〜夢の続き」。過去にも同じ様な別れがあった。 July 1stに長瀬君と将来の別れを感じていると書きましたが、この曲自体は彼との精神的別れではなさそう。fatedの歌詞を見ると、長瀬君はあゆに「愛してる」と言う様なので。では祖母か。私は「おばあちゃんが居るから生きていられると思っていた」と言っていたはずなので、愛されていた。これも違う気がする。 愛を一度も確認出来なかった存在…。とても謎が深い曲ですね。生々しい歌なので、抽象的ではなく実際に亡くなった方が居るのかもしれません。

NO.3  るみ  (2007/11/22 23:11)

肝心な事を忘れてました。あゆは嘘は書かないので誰か亡くなっていますね。

NO.4  masa  (2007/12/23 10:56)

あゆにとって特別で、我々はそれを理解して大事にしてあげたい曲です。・・理解する大事にするなどと、簡単に口にするものでは無いかも知れませんが。
いつかは会いたい、と言っていたのにそれが叶わなくなってしまって。そのことに対する無念さは他人には計り知れないものがあると思います。
テレビで歌ったのは、乗り越えようとしている素の自分をみんなに観て欲しかったからでしょうか。

1   2  
削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい