あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

No way to sa

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  masa#ws0608  (2007/06/09 11:31)

BLACにも収録されていますが、いつ聴いても特にサビから自分鳥肌がたちます。
アルバム同梱のDVDの中で、ソロを指名されたダンサーが、努力している姿にも感銘を受けました。
歌詞が壮大で曲が優しい流れですね・・。自分の感想です。

NO.2  AYU信者  (2007/08/24 21:15)

レコード大賞とった曲ですよねぇww
サビが飽きなL1ッ!!季節かんけーなく聴けるし、歌詞も共感できます☆

NO.3  SHIN  (2008/01/27 11:45)

この曲はこの歌詞と同じような体験をした人には一番突き刺さる曲だと思います。
今でもこの曲を聴くと悲しくなるし、暖かい気持ちにもなる。
あゆの歌詞はほんとにすごいですね!

NO.4  苺  (2008/02/21 16:05)

この曲はすごく共感出来る曲です!!                サビの力強いあゆの歌声が印象的。                 とても心に響く良い曲です!!                

NO.5  るみ  (2008/03/10 00:40)

「私は説明が下手」と言うあゆ。本人はそう思うのでしょうが、「説明能力が無い」のではなく、「口という印象を残したくない為に、主義主張を歌詞の中に込めている」のだと思います。これは上手く伝えられない「もどかしさ」を表現した曲。とても巧みな詞です。曲とPVでは内容が異る(?) 「少しずつ認め始めた癒されぬ過去の存在と、拒めない未来にいくら怯えても仕方ないと」=トラウマから何かに怯えている。それは多分「父親との別離」。既に「大事なもの」ですから、片思いではない。なので「拒めない未来」 は「別れの運命」。 一方PVは純粋に想いを伝える内容。雪の降る中、街頭でティッシュを配るサンタ。あゆに「Free Gift 12:00am」と書かれた特別なティッシュを渡す為に。あゆはそれを受け取らずに去ってしまう…。呆然とするサンタですが、謎の少年があゆへの橋渡しをする。家でそれを眺めていたあゆですが、気になるのでサンタの元へ行ってみる…。そしてプレゼントを貰い、帰る最中に捨てられたティッシュを見て、自分だけへのプレゼントだった事に気付く…。 このサンタの正体は特定の人物ではないと思っています。言葉にしなくても伝わる事も有るという、「上辺ではない想いの大切さ」を表現したPVだと思います。

NO.6  NOOOOOOOOOOO!!  (2011/11/10 02:29)

初めて買ったアユのCDだったんだけどVoyageとDearestとSeasonsが入っててオトクな感じでした(笑) アコースティックバージョンの方が好き!(^^)! Traumaやit wasやSecretやMy allやtalkin 2 myselfとかアコースティックバージョンで発売して〜〜〜〜〜〜〜〜〜

NO.7  サリー  (2016/02/27 14:51)

綺麗すぎて、浸っちゃう

NO.8  Forever  (2016/08/21 03:09)

ma jerme, daca tot exclami, pt ca vad ca nu-i intrebare, totusi iti zic ca noi suntem foarte rai, si mai ales pt ca am jucat cu o echipa asa de fabuloasa, exaatordinrra si mirobolanta, faptul ca am piedut in “halul asta” trebuia sa fie o certitudine. Sper sa te multumeasca rasp si sa te simti bine, ca nu mai am chef sa vb despre meciul asta

削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい