あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

ourselves

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  るみ  (2008/02/24 23:32)

詞とPVの差が激しい曲。独特で怪しげなイントロ…。そして行き成りサビから始まる。この出だしといい、前作から間隔が空いていた事もあり、当時はとても新鮮に感じました。詞の内容は「恋愛というより、広い意味での愛」。「大切なのは愛だけ」と言い切る潔い曲。Greatful daysが「楽しい夢」ならourselvesは「悪夢」。PVは悪夢の様です(初めてアンチが表現されたPV)。 仕事が終り、一人車に乗り込もうとするあゆ。その車に忍び寄る影。エンジンを掛けようとするが何故か掛からない…。ここから悪夢の世界が始まる。ブロックに囲まれた牢獄の様な部屋に移動しますが、この部屋、四隅を暗くする為に黒く塗られています。そしてあゆの乗る車を破壊する者、サイバー攻撃をする者、狂気じみた学者(理論的に批判するプロ達?)が激しく攻撃をする。興味深いのは、アンチの人達のマスクがあゆの顔だという事。丹下監督は「会社やファンも無意識で傷付けている」と表現したかったのかもしれません。攻撃されているあゆは客観視出来ないあゆで、黒ずくめのあゆは達観しているのだと思います。最後、振り向いたら後部座席に居た=「それは無くならない」という意味だと思います。あゆが非難され安いのは、科学者によるキスにも有る様に、女である事が少し関係していると思います。男性ファンが増える事で、プロ以外の攻撃は弱まると思っています。

NO.2  enum  (2010/07/26 21:31)

少々怪しげな曲。
PVがかなり衝撃的でアンチたちによる悪夢の世界。
歌詞との関連性の解読が難しい...

NO.3  XRumerTest  (2013/05/07 17:32)

Hello. And Bye.

NO.4  Kert  (2017/05/30 21:35)

The truth just shines thurgoh your post

削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい