あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

WHATEVER

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  Syun  (2007/07/04 16:05)

このアルバムに入っているのはRemixですのでオリジナルはシングルでしか聴けません。シングルではこの歌のヴァージョンM、Jの2通りがありますが、シングル発売時、TVなどであゆが歌っていたのはMの方です。MはRemix系の曲調、Jは(もともとはこちらがオリジナルだったらしいです)正統派の曲調になってます。自分のおすすめは断然”J”ですね。売上的にはあまり奮いませんでしたが、是非聴いてみてください、初期のあゆにしかない輝きがそこにはあります!。

NO.2  masa#ws0608  (2007/07/16 17:26)

シングルCD取り寄せ中です。はやく聴きたいです。そのときのリアルタイムを感じるにはシングルですね。

NO.3  masa#ws0608  (2007/07/21 22:11)

歌詞のなかの二人には暖かい陽ざしが降り注いだんでしょうか。好きな人と一緒に居たいと願うのは自然であって、そうなるのが一番良くて、そうならないのが多くて・・。
       想いだけでは切ない。
高音がきれいですね!あゆ、一生懸命歌っているなぁ・・。

NO.4  るみ  (2007/11/12 12:29)

私もJが好きです♪ 遠距離恋愛の人にオススメの曲ですo(^-^)o

NO.5  るみ  (2008/02/02 23:40)

この曲から突然強くなった…。「WHATEVER」。曲から訳すと「どんな〜なら」。PVから訳すと「永遠て何?」。とても複雑で、3つの要素から成る。@離れながらも強い愛を持ち続け、遂に再会した恋人達の曲 A詞が書けずに苦悩していたあゆの曲 B曲と関連性の無いPV=死。 初めて死を表現したのがこの作品。この曲からPVにあゆの考えが強く反映される様になった為、「死」が表現されたのだと思います。セルフプロデュースに入った=松浦氏が新しい事へ乗り出し、自然とあゆから離れた。PVの絶望の原因はAから生じる。1stアルバムで全てを出し切り、空っぽの状態。嘘は書けない、それでも期日は迫る。そして、この先の苦しい作詞状況が見えてしまった。1stは「優しい・爽やか」等の癒し。前に進みたいという願望の強かったあゆは、必然的に2ndでは真逆に位置する「攻撃性」へと移る。加えて絶望もこの攻撃性を生んでいる。BのPV、荒涼とした地に佇む少女。これは幼少のあゆだと思う。花(希望)を見つけるが、その場所で雁字搦めになり息絶える…。私が絶望が強さを生むと考える根拠は、第二幕。ever free(絶望)→WHATEVER(強さ)。話しがズレますが、今年のあゆもとても強いと思います。

NO.6  なお  (2008/12/04 22:35)

私は断然M
ちなみに、HEYHEYHEYスペシャルでも、Jを歌ってましたよ

NO.7  じんにや  (2009/10/19 00:24)

リミックス盤に収録されてるSentimental Mix.が好きです!!
Mみたいにゴテゴテしたミックスじゃないけど、
Jのようにしっとりもしていません。

変に作りこまれてないし、Jが好きな方なら一聴の価値はあると思います。
軽快に仕上がっていて、ストリングスやピアノの混ざり具合が心地いいです。
このミックスがオリジナル版ならいいのに。。と、聴くたびに思う逸品です^^

NO.8  やたなら  (2016/03/10 18:00)

断然M
Jはしっとり過ぎてあまり自分の好み
ではないからです。
Mは逆にアップテンポでノリがいいからです。

NO.9  とばこ  (2016/06/15 18:27)

私この曲は、J Versionの方が好き!
そっちの方が、この曲の世界観があってる気がするから。
でも、M Versionも好きだよ!

NO.10  シャコタン  (2017/09/21 00:07)

ⅯもJもどっちもいいですよね。個人的には「ウソになる」の歌い方が好きなのでⅯですかね。

削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい