あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

immature

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  Syun  (2007/07/24 07:50)

この曲は限定シングルappearsのカップリング曲としてとアルバムLoveppearsに収録されています。個人的にシングルappearsより好きです。あゆの歌声がとても切ないので泣けてきます。メロディも素晴らしく◎です。どちらかといえばあまり表に出ていない曲ですが、まちがいなく名曲です。
切なーい・・・、けどうっとり。必聴!!!

NO.2  りく  (2007/11/05 18:43)

この曲は今でもよく聴きます。
最後の「目の前の悲劇にさえ・・・」のところが特に好きです。
appearsのc/wとして入っているヴァージョンが
ほんっとに最高です!ぜひ聴いてみてください。

NO.3  凛  (2007/11/23 16:47)

この歌詞を見たとき、泣きそうになりました。
ぜひみんなにも知ってほしい1曲★

NO.4  るみ  (2008/02/06 01:16)

「immature」=未熟。この未熟は、109で抜け殻の様になっていたあゆ。この曲の「幸せ」に就いて最近まで、「当時の恋人との幸せ」だと思っていましたが、考えが変わりました。「広い意味での平穏」。多くの人の支えになりたいと思っているあゆ。その主な対象は、「A song for××」の「××」に当たる人=ネガティヴな人だと思います。その人達に、「私も幸せになっていいんだよね?」と問い掛けている。それは、幸せになると「共感を呼び支えに成る事」が出来なくなるから。ただでさえ頑張る程に皆と離れて行くのに…。幸せを求める気持ちも有るけれど、嘘は書けないし、「こんなに幸せ」という詞を書き連ねる事に意味が在るのか?という葛藤を感じます。「あゆが居ないと生きていけない」と叫ぶ人を、あゆは見捨てられない。「GUILTY」の「Mirror」は、あゆが支えたいと思っている「××」と、同義だと思っています。

NO.5  るみ  (2008/02/06 11:15)

表向きだと思われる内容を書くのを忘れてました。kanariyaの様な、曾ての自分と同じく「幸せになりたいけど自分は所詮ガラクタ」だと自信がもてない人達へ、「本当は扉を開きたいんだ」と口に出してみればいい。という曲だと思います。経験者だからこその説得力が有ります。

NO.6  なおゆき  (2008/02/12 23:42)

るみさんNO.4はよく考えて書いてますね、共感はNO.5にします。自分の直感で行動したいけど、周りに嫉妬された等の経験があると、自分を歪めて無難なほうを選びがち(例えば、本当はこんな服が着たいけど誰かになんて思われるか分からないから辞めとく等)でもそれでは幸せにはなれないらしい。もろもろの嫉妬等を振り払ってでも、本当に自分の思うようにすればいい。そんなの出来るなら初めからやってるだろうから、口に出して自分自身に言い聞かせる必要がある。未熟さを受け止めて、そこから成長していく…そんな内容だと思います。すごく励みになる曲で、隠れ名曲と思っています。

NO.7  未完成  (2010/07/11 22:42)

浜崎さんの歌って英語の勉強になります。歌詞に英語は、あんまりないけどタイトルで初めて知った英単語もいっぱいあって・・・もう百以上覚えましたよ。私は大人だけど無学な方でimmarureなんて言葉知らなかったので知った時は、吃驚しました。タイトルの綺麗な曲が好きなので今度は何かな何かなって思いながら発表をいつも楽しみにしてます。TRAUMAやmonochromeは、普段よく聞いていたりもするけどappearsやDutyなんて思い付きません。

NO.8  シャコタン  (2017/08/29 03:51)

「僕らはきっと幸せになるために生まれてきたんだって思う日があってもいいんだよね」あまり有名な曲ではないですが、浜崎さんの隠れた名曲ですよね。憂鬱な時に聴くと心癒されます。

削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい