あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

Trauma

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  Syun  (2007/07/24 07:40)

シングルAからの曲ですね。あゆの代表曲の一つでしょう。
歌・曲とも素晴らしいです。特にサビの終わり部分、あの人に見せたい〜〜〜ここのあゆの高音の伸びの美しさ(エフェクトもかかってますが)に酔ってしまいました。ガラスのような繊細さがあります。

NO.2  masa#ws0608  (2007/07/24 21:52)

最近のライブdvdでこの曲を歌っているのを観て、いっぺんに好きな曲になりました。
 そしたら自分なんと恥ずかしながらカラオケで歌ってみたことがあったんですよ。結局サビしか歌えませんでした。今ならもう少しまともに歌えるかも・・なんてことはどうでも良いことですが、今度はこのアルバム聴いてみます(^^)なんか自分気持ちが若返っていく気がして毎日楽しいです。

NO.3  Syun  (2007/07/24 23:11)

カラオケ楽しいですよね、普段から曲を聴き込んでいればだいたい音程はつかめると思うのできっと上手く歌えますヨ。
今更初期のあゆにどっぷり浸かりきっている自分です(^^♪
この頃の悲しいほど透明で、壊れそうに繊細なあゆのボーカルにもう自分はしばらく浸っていそうです。

NO.4  masa#ws0608  (2007/07/24 23:54)

松浦社長に見いだされて、一生懸命歌っていた頃のayuは聴く者全てを引きつけるひたむきさがあって、それが私たちに伝わってきていて。もちろん今でもその魅力は変わらず、それが実に自然で、それが可愛らしく魅力的な女性です。
今のあゆを聴きながら、昔のあゆも聴いてゆきたい。実に欲張りな話。この歳になってこんな気持ちになれるとは・・。
 SYUNさん、みなさん、これからもよろしく!
 

NO.5  Syun  (2007/07/25 00:42)

こちらこそ、よろしくです^_^
共にあゆをこれからも応援し続けていきましょう。

NO.6  るみ  (2007/12/15 11:05)

「LOVEppears」のテーマは「目に見えるモノとのギャップ」。明るい曲調とは対称的に、深い詞を持っています。 「Trauma」=父親との突然の別れ。それが消えない傷となり、深く刻まれている。いつかの雑誌でも「仕事が先に終って家に帰ってる筈の彼が、居ないとするでしょ。もうダメ、パニック」などと言っていました。「一瞬の開放、やがて訪れる恐怖」=やがて別れが訪れるとしても、今の繋がりを求めてしまう…。別れに対する恐怖が、繋がりを強く求めてさせている様です。曲調と歌詞の差は、一番激しいかもしれません。

NO.7  Topher  (2017/05/30 21:33)

The'res nothing like the relief of finding what you're looking for.

削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい