あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

untitled〜for her〜

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.2  るみ  (2007/12/31 19:44)

とても温かみの有る曲。音楽を聴いて泣いた事は殆ど無いのですが、これは泣きました。聴く前にブックレットの英語を読んでしまったから。これは、最愛の女友達に捧げられた曲。二人で過ごした想い出に浸るうちに、感情が込み上げるあゆ…。「願いが叶うなら君にもう一度逢いたい」。彼女宛てに書かれたのは恐らくこの一曲だけ。全てを引っくるめて、私は今こうして生きています。見守っていてね…。という意味だと思います。始まりと終わりが同じ歌詞なのは多分、あゆの中で永遠になったから。いつかは誰もが辿る道で再び逢えるのならば、それはとても素晴らしいけれど、私には分からない。綺麗事ではなく、大切な人の為自分の為、後悔の無い様に日々全力で生きたいと思いました。

NO.3  KANAMORI 10  (2008/01/28 02:50)

ブックレットの最後の数字「1976〜2007」とは、この歌の対象である友達の生まれた年と死亡した年でしょうか?だとしたら、随分とリアルタイムな話ですね…享年凡そ31、早すぎます(;_;もっと生きたかったろうに…。この文章を書いている時点で最も勢いのあるアーティスト、コブクロの「蕾」と似た世界観ですね(小渕健太郎の場合、若くして母親を亡くした)。こういう追悼の歌は、心にズシリと染み渡り、そして強烈に訴えかけて来ます。

NO.4  masa  (2008/02/10 00:45)

自分相変わらずあの人しか思い浮かびません。でも、やっぱり勘違いのほうが強いようでもあります。いずれにしても、あゆの大事な人へのやはり追悼の歌であることは間違いないようで・・・。「MY ALL」とこの曲とは、特別な曲であることは間違いないようです。

NO.5  美咲  (2008/03/06 17:43)

この題名はなんて読むんですか??

NO.6  るみ  (2008/03/07 22:18)

カタカナ読みをすると、「アンタイトルド・フォー ハー」ですヨ(^-^)

NO.7  k  (2008/03/08 22:03)

泣きたくなります!!みなさんぜひ!!

NO.8  masa  (2008/03/11 20:48)

「”題して”〜彼女に捧ぐ〜」
だとしたら「entitled」が正しい。
先日アンタイトルドがファッションブランドの一つであることを知りました。
自分の妄想にすぎないでしょうが、気になって仕方ないです。
気にするのは、失礼なのかもしれません。

NO.9  通行人  (2008/09/16 00:11)

untitled〜for her〜はアルバムレコーディング後に作られたんです。海外にあゆがいる間にyouの元曲にもなった友人が飛び降り自殺をし、関係者もレコーディング中のあゆ本人には言えず帰国後に知らされ急遽作った一曲です。「1976〜2007」まさに友人の生きていた時間です。

NO.10  聖伝  (2010/12/27 20:38)

あの雲を超えて〜メロディがなんだか遊牧民族っぽくてブルガリアの山奥とかを私は、イメージしてたんですけど・・・そういえば無邪気な学生っぽいかも知れませんね。

NO.11  ダナ  (2011/11/16 20:04)

Untitled=無題

「彼女へ捧げる無題の曲」、もしくは「無題 -彼女へ捧ぐ-」ですね。

タイトルにする言葉が無かったか、気持ちは歌詞に反映されているのでタイトルが必要無かったのだと思います。

凄く個人的な曲ですがだからこそ心に響きます。

1   2  
削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい