あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

Present

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  masa#ws0608  (2007/04/30 18:08)

みなさんこんにちは。ファン暦まだ浅い福井のファンです。昨年暮れに「Secret」を聴いたあとにふとあゆのスタートはどんな雰囲気だったのか知りたくなってこのアルバムを買いました。
歌声がかわいいですね。それと、こんなことを言ったらあゆに失礼ですけど、いわゆる”歌謡曲”そのものの感じがしました。みなさんにも、ごめんなさい。
でも、A songをはじめとして、Wishingとか心にしみる曲ばかりです。
「Present」は、希望に満ちた歌詞だと思います。当時のあゆの素直な気持ちが、詞にそのまま現れていて、こちらも素直に応援したくなります。

NO.2  Syun  (2007/06/03 23:20)

あまり目立たない曲ですが・・・是非一度聴いてみてください、あゆの天使のような歌声に癒され、そして泣けます。同じような部類にの曲にWhoという曲(2ndアルバムに収録)がありますが、個人的にこちらのほうが断然好きです。もう歌われることはほぼないでしょうが、このアルバムに燦然と輝くナンバーです。

NO.3  るみ  (2008/02/05 00:50)

ポップで爽やかな明るい曲。「皆のお蔭でアーティストとして自信が持てる様になった」という周囲への感謝の曲。とてもストレートです。女優時代に作詞してラップを歌った経験もありますが、「女優という仕事に満足のいかないまま本腰を入れたくない。流行りを楽しむという意味でラップなら歌いたい」という考えがあった様です。なので歌は「ほぼ新しい世界」。そんなあゆに日記を付けさせ、作詞の基礎を作り、「生き方そのものを作品とする手法」を取らせた松浦氏(あゆのアルバムは自叙伝の様な物)。そして、ファン・スタッフ・作曲陣、支えてくれた全てに向けて歌っている。周囲の支えもありますが、製作スタイルの基本は、「曲に詞を乗せる」手法ですから、あゆ自身の努力は相当なものだと思います。「この曲をアルバムの最後に」と押したのは松浦氏。それはあゆが「For My Dear...」で終えたかった事を暗に示します。アルバムは感謝で終わらず、「...」で終わる。未だ見えない未来に不安と希望を抱き、先を見ている…。当時のあゆに、「若さ故の強さ」を感じます。

NO.4  NOOOOOOOOOOO!!  (2011/11/10 18:12)

A Song for xx と Loveppearsでは、全く声色が違うけど私は、Loveppearsのカナリヤの様な声の方がずっと聴いていたいですね。wishingとpresentの世界観が似ているので繋げて聴いても胸に入ってきます。でも実は、あんまり聴きません(笑) As ifとか好きだったけど音程ギリギリの様な感じがしてムズムズしたりしますね(笑)

NO.5  my storys#1002  (2013/06/09 02:01)

この曲は、今では幻の曲です。
Liveでも披露される事が無いですね

1   2  
削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい